カナダ高校留学情報センター

カナダ高校留学の情報満載・学校選択のポイントなど

カナダの教育制度

カナダの高校について

カナダの高校はほとんどの高校生が公立高校へ通います。その点が日本の高校と大きく違う点と言えるでしょう。カナダの公立高校のレベルは決して低くはありません。カナダの公立・私立を問わず高校卒業時に州の統一試験を受けます。これは、一定水準の教育が全ての学校に均一に提供されていますので、私立と公立高校の学力の差はあまりありません。カナダの高校は、様々な個性をもった学校が、それぞれ独自の教育方針で高水準の教育を学生に提供しています。カナダの中で最も留学生の受入れ数が多いのがブリティッシュ・コロンビア州です。近年はオンタリオ州、マニトバ州など他州でも受入れを始めています。

カナダの教育制度

日本の中学・高校にあたる教育機関は一般的にSecondary Schoolと呼ばれています。中学をJunior Secondary School、高校をSenior Secondary Schoolとして分けている州と分けない中高一貫の州があります。カナダでは、学年はアメリカ同様グレード制 (Grade) です。日本の小学校1年生にあたるのがGrade1、高校3年生が Grade12となります。カリキュラムの内容も州やその学校区を担当する教育委員かによってまちまちです。カナダの新学期はアメリカ同様9月に始まります。学期については前期と後期に分かれている2学期制の学校が多いですが、なかには3学期制、4学期制のところもあります。アルバータ州やプリンス・エドワード・アイランド州をはじめとする多くの州は6-3-3制、ブリティッシュ・コロンビア州は7-5制、マニトバ州、オンタリオ州は8-4制といったように州により異なります。日本の場合は、学年の初めに決められたクラス単位で、全員が1年間同じカリキュラムに従って勉強していきますが、カナダでは、各生徒が学年の初めに自分でカリキュラムを組み、自分の選んだ科目の教室に移動して授業を受けます。日本に比べるとカリキュラム選択の自由が大きく認められていますが、必修科目が色々あるので、アメリカに比べると「学級」単位で受ける授業が多いです。

成績の付け方

カナダの中学・高校は、日本と同じように科目ごとに評価が出ます。 例えばグレード12の場合は、定期テストの結果と学業全体を評価して出されます。 成績は、日本と同じように科目ごとにつけられますが、A、B、C、D の評価で出す学校と、 評価をパーセントで出すところがあります。先生が、生徒の姿勢を見る基準は、 授業に「参加」しているか、また積極的にプレゼンテーション(意見の発表)をしているかなどです。 遅刻と欠席が多いと、大きなマイナス点になります。病気で休むときは、留学生の場合、 ホームステイ先のホストファミリーに連絡してもらうとか、手紙を書いてもらうなどして、 必ず学校へ届けを出しておく必要があります。

進級・進学のシステム

カナダの高校は、日本のように自動的に進級というわけにはいきません。コースの規定の単位を取得したあと進級します。高校課程の 後半2年間は進路に大きく影響します。通常の定期テストの結果と成績の総合評価で、 それぞれの進路が決定します。大学進学を希望する場合は、各大学の専攻分野が指定する科目の単位を取得していなければ進学できません。カナダの学校は、一般的に、学習意欲がある生徒に対しては非常に熱心に指導してくれます。しかし、注意やアドバイスを何度しても意欲を見せない生徒には、容赦なく落第や退学などの処置がとられます。カナダの高校では高校レベルになると、大学やコミュニティカレッジなど高等 教育機関を目指す生徒のための進学指導コースと、就職希望者を対象にした職業訓練 コースに分かれます。進学指導コースは日本の普通高校、職業訓練コースは日本の 工業高校や農業高校に値することができますが、必ずしも別々の学校に分かれていません。

課外活動

カナダの高校では放課後、スポーツを中心に課外活動が活発に行われています。 冬はもちろんスキーやホッケーなどのウインター・スポーツ、夏にはアウトドア系のスポーツや乗馬なども楽しめます。

ページの先頭へ